ログイン




北海道におけるコートの選び方

10月 8th, 2013 by

北海道ではコートは必需品。
しかも防寒であることは言うまでもない。
けれど、北海道人は冬のコートは必ず必要になるため、その選び方は防寒も然ることながら、その上でおしゃれに着られるものを選ぶ人が多い。本州から冬場北海道に観光に来る人の、重装備には、正直驚く。確かに北海道は寒い。
しかし、シベリアの大高原をひたすら歩くわけではないので、その重装備はなんとかならないものかと思う。最も情報が北海道は寒いから、防寒を重視したコートと思うのは仕方ないとは思うが、北海道の人は、実際そこまで重装備をしていて無いので、観光客はすぐにわかってしまう。


おしゃれを全く無視した、防寒重視のコートと、足元の長靴のようなブーツ。
そういった装いを、北海道人はほとんど選ばない。
むしろ街中は暖房完備なので、厚いコートは選ばれない。毎年目が点になるのは、観光客のおしゃれを全く無視したコートとは言えないほどの重装備が驚く。暖房が重ねて言うが十分すぎるほど発達してるので、結局熱い思いをするだけである。
ブーツもヒールがついていないものを選んでいるので、それは転倒の危険性をより広くするだけである。ヒールはある程度高いものの方が、ヒールがしっかり氷に突き刺さり、安全なのだ。
コートは夏を除いた季節に欠かせないアイテムです。様々な場面でコーディネートの主役となります。コートが一番に活躍する季節はやはり冬です。
コートはオシャレアイテムである前に、防寒の役割を担っています。
一番に暖かいのはダウンコートです。
ダウンコートは鳥の羽が詰まっており、まるでお布団を着ているかのような暖かさです。そして軽いのも特徴です。
一昔前までは、ダウンコートは着ぶくれしてしまうイメージがありました


しかし昨今ではデザインの優れたダウンコートがたくさん登場し、値段も比較的お手頃なものもあり、一人一着は持っている必須アイテムとなりました。他にも定番の人気を誇るアイテムといえば、トレンチコートです。トレンチコートは一枚着るだけでオシャレに見える便利なアイテムです。現在人気があるデザインは、ライナーが付いていて取り外しができるもの、ボリュームあるファーが付いているものです。
ライナーとファーの着脱ができることで、幅広い季節に着られるからです。